えひめシーフードサービス 会社概要

  • 商号 えひめシーフードサービス株式会社

  • 本社 〒796-0001

  •    愛媛県八幡浜市向灘1705番地1

  •    ℡ 0894-35-6300(担当:宮本)

  •    ℻ 0894-35-6303

  •    Eメール info@ehimeseafood.com

  •    URL http://ehimeseafood.com

  • 代表取締役社長 宮本 洋志

  • 主な販売先

  •  • 飲食店(和食、フレンチ、イタリアン、居酒屋、回転寿司 他)

  •  • 業務用食品卸

  •  • ホテル

  •  • 結婚式場

  •  • スーパー

  •  • 個人

  • 取引銀行 愛媛信用金庫 八幡浜支店

  • 業務内容

  •  1 水産、農産物の買付け、販売

  •  2 水産、農産物の加工、販売

  •  3 水産、農産物の輸入、輸出

  •  4 飲食業

  •  5 養殖業

  • 沿革

  • 大正 4年現社長(宮本洋志)の曾祖父(宮本光太郎)が帆打瀬網による漁業を開始。これが当社の操業となる。
    大正11年二艘引機船底曳網漁が導入されて、動力化された機船漁業へと転換。
    戦後になり、社長の祖父(宮本徳一)が法人格を得て、宮本漁業㈱を設立し沖合底曳網漁業を継承していく。
    昭和41年㈲大生水産を設立、祖父の死去により、現会長(宮本一成)が社長に就任し、その事業を継承する。
    昭和46年高知大生水産㈱を設立。高知~徳島沖合への底曳網漁業を拡大する。
    平成 2年㈲大生水産内に流通事業部を発足させ、獲る漁業と合わせて産地から直接消費地へ販売する事業を始める。
    平成 7年流通事業部を独立させて、タイセイフーズ㈱を設立。産直事業の拡大をはかる。
    平成10年出荷センターに加工場を併設し、獲った魚介類を加工品にして出荷する事業を開始する。
    平成12年ABI社の急速冷凍機を設置し、CAS冷凍商品の販売がスタートする。
    平成15年水揚げ高の減少などが続いて厳しくなった沖合底曳網漁業の経営から撤退する。
    平成23年えひめシーフードサービス㈱を設立して、タイセイフーズ㈱の事業を引継ぐ。合わせて加工場を事務所一階に移設して、衛生管理と簡便性を向上させる。
    平成25年宮本洋志が代表取締役社長に就任し、宮本一成は取締役会長に就く。
    平成30年加工場のクリーンルームを改修し、プラズマクラスターなどの設置による衛生管理システムを導入する。
  • 代表取締役社長、宮本洋志画像
  • 問い扱い商品画像
  • CAS、急速冷凍装置設備画像
ページトップへ